FC2ブログ
マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
ラムダ3RSの使用方法 マフラー編


マフラーは排気だけが仕事ではありません。
熱代謝と放電する役割も担っているため、多大な負荷がかかっています。
マフラー内に溜まった静電気は抵抗となり、排気効率を悪くする要因になります。この静電気を取り除いてやると、空気の流れを乱されることなく、排気管内を通り抜けていけるわけですね。

ラムダ3RSの接続は、マフラーフランジ部、リア・サイレンサーの直前がおすすめです。こもり音を減少させ、軽やかな吹け上がりに変化させます。

907-135-rs1.jpg

907-135-rs2.jpg

もちろん、SEVエキゾーストにドッキングさせる事で、効率はさらにアップします。
とっても楽しいアイテムが出来ました。

スポンサーサイト



135iの触媒には
人知れず、パワーアップしているデモカー135i 。
相変わらず、日々の研究材料になっています。



以前、マルシュウで人気を博したSEV MB-T での触媒巻きを135i にも施してありました。
が、135iがパワーアップしたおかげで、”マフラーが抜けない!”状態に。
メタルキャタでも行くか?とも考えましたが、この手がありましたよ。

SEVビッグパワー・エキゾーストのW巻き。
907-135-12.jpg

ダブルなので4枚使用。 これがイイ!
何がいいかって、この色。
チタンじゃないですよ。スーパースプリントのフロントパイプ、ステンレス製です。
見事に青~くなっちゃって、きれいに焼けていますね。
スムーズです!高回転域が別物!
お試しされたEさんもHさんも大絶賛でした。
907-135-13.jpg

なお、この施工には注意事項がありますので、詳しくは店頭で、またはご連絡を。

                 
SEV はじめの一歩
ボルボ C30


お初のご来店のオーナーさん。
ご友人から、SEVっておもしろいよ~と紹介を受け、マルシュウへいらっしゃいました。

SEVラジエター R-1、フューエルP・E とお試しいただきましたが、一番インパクトがあったのがヘッドバランサーP-1。
低速域からのピックアップのよさに、大変感動されていました。
907-c30-02.jpg

またのご来店をお待ちしております。ありがとうございました。