マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
そうだドライブにいこう
こんにちは。今日は忙しいSEVドクターに代わって、妻の“亀専”がドライブテクニックとは何ぞやを考えてみました。
私のドライブテクニックに対するこだわりは、いかに乗り心地がいいか。助手席のジャッジマンです。

社長はブログではSEVドクターなんておちゃめな異名をとっていても、もうひとつの顔は、運送会社を牛耳る世にも恐ろしい鬼社長。
なーんて“鬼”は冗談ですが、正真正銘28年間運送業にたずさわっているバリバリのプロドライバーなのです。
弁当片手に熱湯の入ったカップメンをシート横に置き、満載の積荷をピクリとも崩さずにトラックを滑走させる姿は、ジョン・マクレーンか!?ってくらいのおもしろさ。

そんな汗だくのヒーローにも愉しみはありまして、休みが取れた日は箱根への早朝ドライブが、我が家のコミュニケーションツールとなっています。
白井を出発して市川インターまでの道のり、整備不十分な細い裏道を使いますから、ガタガタ、クネクネ、助手席の私は揺さぶられます。
いやでも寝起きのボヤ~ッとした頭が冴えてくる、と思いきや、足柄付近で富士山が見えるまで爆睡することしばし。
これが、うまいドライブテクニックですね。
眠っているのに乗り心地が分かるか?って。何をおっしゃいます。
乗り心地がいいからこそ、夢の中へランデブ~できるのです。
隣で大口開けてよだれを垂らしていても、ちゃんとアンテナは作動していますよ。
車線変更をしても、ブレーキを強く踏んでも、1◎◎km以上出しても、ピピピと。

荷物を崩さない(私は荷物か)技術は、以外と乗用車の運転には盲点だったりします。
発進、ブレーキ、遠心力の3つが荷崩れの原因。
乗り心地もしかり、この3要因が大きく影響します。
ぐるりと回るインターで、助手席の人を片側に張り付けてしまったら、「ふっ、崩しちゃった」横目でそっと反省しましょう。

そして、不可解なことがひとつ。
私が通勤に使っているフィアット・プントをたまに社長に走らせてもらっています。
なぜかって、社長が運転したあとのプントがすこぶる軽くなるからです。
いったいどんなメンテナンス・ドライブをしているのか?
自称「運転がうまい私」にもさっぱり分かりません。

コメント
この記事へのコメント
深い~
話ですね~
参考になります
2008/10/04(土) 18:32:04 | URL | チョコボ #-[ 編集]
イニシャルK
本当に参考になりますね~

私もQQ車を運転しながら、いかに患者・同乗者を酔わせずに、いち早く病院まで搬送する為に、細心の注意を払っています・・・SEVで足回りを施工出来たらと、いつも想って運転しています。

今度、社長のイニシャルDばりの運転テクニックを感じてみたいです。
2008/10/04(土) 19:17:34 | URL | 青VTEC #-[ 編集]
コメントありがとうございます
ロアアーム発売最初の土日は、おかげさまで大賑わいでした。
皆さんで、改めてSEVについて語り合ったりして、とても楽しかったです。

チョコボさん、彼女とドライブするときの参考になりそうですか?
それなら、まだまだ秘訣がありますよ~。

青Vさんは特別なプロドライバーですね。
仕事となれば、イニDどころのドラテクじゃないですよね。
2008/10/06(月) 11:32:18 | URL | 亀専 #UiHQVCQs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1340-a1230ca6
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。