マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
5基目導入
三菱 ランサー セディアワゴン


フロント左側純正ハーネスに接続
906-cedia02.jpg

電子制御が発達している三菱車においては、純正ハーネスからのアースポイントが10ヶ所以上あります。
また、各自動車メーカーの設計でアースポイントは、エンジンだったり、ボディだったりします。

ノイズはワイヤーハーネスを伝わりエンジンやボディに流れる。それによって、アースを落とされた先のエンジンやボディが帯電する。基本的なアースは、タイヤの接地アース、ボディやマフラーからの自然放電のみです。ノイズの逃げ場所は自然に任せるだけということになりますよね。

ここを見逃さないのが、EATUNING です。
ラムダ3を装着されたお客様の多くの方から『ボディ剛性が上がった』というインプレッションを頂きますが、まさにこの事なのです。

ボディに帯電させない。ノイズ除去。
純正ハーネスを利用した最も新しいアーシング方法です。
自動車メーカーが考えたアースポイントを崩さず、エンジン制御などの不具合も発生させず、車の雑味を取ることができる。
これがEATUNING ラムダ3 です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1568-b501ae74
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。