マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アーシングは
ホンダ アコード ユーロR


プラシーボ効果と言われがちなアーシング。
主電源を無視した施工によっての誤解がほとんどです。
そして、忘れちゃならないのがどんなケーブルを引き回しても、そこにノイズがのってしまう事。

EATUNING ラムダ3では、余分なケーブルを最小限に抑えた30cm長。単純に純正ハーネスにのったノイズを取ってやる。これで十分。

ホンダ車の場合、エンジン系ハーネスのアースポイントは、この位置1つとなります。
※一部例外あり(CVT等)

ここにラムダ3の端子を接続。
907-euro12.jpg

907-euro13.jpg

効率よくノイズを吸収する事で、各デバイスの機能の働きがスムーズになります。
エンジン特性はもちろん、車体剛性、ブレーキフィール、タイヤの接地感にまで、影響が出るのです。

オーナーさん、いつも遠くからありがとうございます。
スムーズな加速フィールを楽しんでください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1587-7ee2e813
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。