マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ラムダ3RSの使用方法 マフラー編


マフラーは排気だけが仕事ではありません。
熱代謝と放電する役割も担っているため、多大な負荷がかかっています。
マフラー内に溜まった静電気は抵抗となり、排気効率を悪くする要因になります。この静電気を取り除いてやると、空気の流れを乱されることなく、排気管内を通り抜けていけるわけですね。

ラムダ3RSの接続は、マフラーフランジ部、リア・サイレンサーの直前がおすすめです。こもり音を減少させ、軽やかな吹け上がりに変化させます。

907-135-rs1.jpg

907-135-rs2.jpg

もちろん、SEVエキゾーストにドッキングさせる事で、効率はさらにアップします。
とっても楽しいアイテムが出来ました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1602-ac26a465
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。