マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
抵抗とは、これいかに
VW ゴルフ5GTI
910-golf501.jpg

お久しぶりでした。
今回のオーナーさんのご相談は?
「大容量のインタークーラーを導入したが、高回転時でのエンジンの振動が気になって」との事。

これは、実にベストタイミング。 先ごろ、ご案内したSEVの新装着方法を適用させて頂きます。
910-golf502.jpg

大容量のインタークーラーを導入した事で、ノーマルのインテークマニホールドが吸入時に酸欠状態に。スムーズに空気を吸わせてあげましょう。

川の流れを例にあげると、石が抵抗となって水の流れが変化します。


抵抗を少なくする事で、吸入効率がアップしますね。
SEV SHOP東京さんで提案している、ラジエターコア部分にSEVリンクを装着する技。これも、ラジエターにラジエター液が入る際の抵抗を軽減させる考え方です。

あたなのお車の抵抗部はどこに?
探してみてください。

ゴルフ5GTIオーナーさんからは
「高回転の振動がなくなり、アイドリング時も静かになっている。これは理にかなっているし、おもしろい!ビジュアル的にもいいよ!」の好評価を頂きました。
ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1666-c6d95c1b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。