マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ラムダ4装着位置
ホンダ アコード ユーロR


低回転時からのレスポンスUPに最適なポイントは、ココになります。
外気導入側です。
2011042302.jpg

このポイントからエンジン側へ数センチ移動させるとパワー型に変更できます。
低回転向け、パワー向けのダブル装着する事で、全回転域型にもなりますね。

オーナー様、お忙しい中のご来店ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1855-d175f8ff
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。