マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
シャシコン新発売
ハイパーやパイパーデビルのEATUNINGシステムを組む事により、考えらないほどのボディ剛性や足回りの動きの良さが実感されているオーナー様が多いと思います。
それは3月に発売されたラムダ4によって、さらなる「足の動きの良さ」を実証できつつあります。
帯電電荷量が最大となるエンジン内。ラムダ4の装着は、その帯電電荷を抑制し、デビルによるエンジン~ボディの接続機能を向上させます。

そしてその影響が、瞬時に反映するのがアッパーマウントを介してのショックやコイルスプリングです。
基本的に通電状態にあるシロモノなので、走行時の感触は減衰力に現れます。
伸び側の精度を高めるには特に有効で、バネ側も帯電電荷が最小限に抑えられる事により、金属のヘタリを軽減できるわけです。

同じように帯電の弊害がサブフレームにも現れます。
サブフレームも圧力、よれ、金属にかかる負担で帯電します。
現行車種に多く採用されているフルフローティング支持によって、孤立したサブフレームの帯電電荷をシャシ(ボディ)に逃がす事が必要です。

すべては足の動きのために、サブフレームからボディに接続する新デビルが登場しました。

シャシコントロール・デビル 通称シャシコンです。



2011042602.jpg

2011042603.jpg

=仕様=
ケーブル:MAX #6
ターミナル:両端マグネット・アブソード方式
 ※ アルミ製のサブフレームやアルミボディにも対応し、サービスホールの少ない車種にも取付け可能。全車種向けです。

=価格=
ケーブル長 20cm 1本 \16,800
ケーブル長 20cm 2本セット \30,240

ケーブル長 40cm 1本 \18,900
ケーブル長 40cm 2本セット \34,020

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1858-bf4a365f
この記事へのトラックバック