マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
トーションビームにシャシコン
VW ゴルフ3 VR-6


EATUNINGシャシコントロールデビルは、サスペンション構造によって取り付けるポイントが異なります。

たとえば、こちらのゴルフ3。
リアはトーションビーム式サスペンションです。
ゴルフ5からマルチリンク式サスペンションが採用されていますが、トーションビームの先駆者と言えばゴルフです。
FF車に最適とされ、今では多くのメーカーが採用しています。

電気的に見ると、ボディマウント部とトレーリングアームの支点がポイントになります。
ボディの重量を支え、可動する支点は、柔軟性と強度が求められ、さらには接地アースのルートでもあります。
ここにシャシコンを接続します。

24011702.jpg

トーションビームゆえの安定性の低さをシャシコンでカバーできます。
タイヤの接地アースを考えれば、今後の施工として、ハブキャリアへのシャシコンもいいですよ。

新年初のご来店ありがとうございました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/1994-c9b0397b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。