マルシュウ Blog
★ 帯電除去システム+++EATUNING+++ ★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
勢いが止まりません
トヨタ ランドクルーザープラド

24121201.jpg

このところ毎週のようにご来店いただいております。
DECが出来てから、ますます楽しくなってきたね、とプラドオーナーさん。
急ピッチで進めているイーエーチューニング。とくとご覧ください。

フロントパイプへのDECエキゾースト
24121203.jpg

24121202.jpg

マフラー集合部の後、マフラーハンガー部前に接続します。
マフラーの集合部直後に接続することにより整流効果があり、また、帯電電荷がゴムを伝わってボディへループする直前でつかみ取り一気にタイヤへ流すため、フロント回りのボディ剛性もアップします。


外気導入口にDECインテーク
24121204.jpg

外気導入口での乱流対策に。吸い込み効果もアップ。


トランスファーへのDEC
24121205.jpg

24121206.jpg

トランスファーオイルドレンに接続。
トランスファーは、エンジン出力を前後軸へと分配する重要な役割を持つパーツです。
この施工は応用編です。DECはラジエーター用を使用しています。


ラジエーターアッパーホースにラムダ3ラジエーター
24121207.jpg

現行車種で採用されているラジエーターダンパーに着目し考えられたのが、ラムダ3ラジエーターです。
車体の振動をラジエーターが打ち消す役割を持っていますが、振動数が異なる車体からゴムマウントされたラジエーター本体へ、振動エネルギーが移るときに共鳴振動が起こります。
ラムダ3ラジエーターのコアパックは慣性ダンパーとなり、共鳴振動を低減させ、特にピッチングを減らす効果が高いのです。


駆け足でご紹介させていただきました。
このほかにもマル秘アイテムも装備されていますが、このお話はまた来年にしましょう。
プラドさん、また明日お待ちしております。
ありがとうございました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://garageinfo.blog6.fc2.com/tb.php/2127-17d408de
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。